自分でも驚きの、48歳3か月で母になりました。娘との日常や 私の好きなもの・その時興味のあることなど 気まぐれに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こくごの・・・
2016年09月26日 (月) | 編集 |
sora160926.jpg

1年生の娘には、
強制ではないけれど、音読がある

音読カードと言うものがあり、
子どもが読むのを、親が聞いて、
評価をしたうえで、提出すると、
先生の、確認のハンコが押されたのが帰って来る。

昨夜のこと。

音読の本を、何にしよう。と迷った挙句、
教科書の中のお話を読むことにした娘。
ランドセルの中を探すものの、
こくごの教科書が見つからない

学校に忘れて来たんじゃない?
と言う私に対して、
絶対に持って帰って来た と、言い張る娘。

じゃあ、時間割合わせのときに、
教科書を確認しなかったの?
と聞くと(2学期から、私は関与しない)、
必要な教科書と、不要な教科書を交換しただけで、
中身を全部、出してみたわけではないことがわかった。

こくごとさんすうの授業は毎日あるので、
教科書はほぼ入れっぱなし。
当然、ランドセルの中にあるはず。
と、娘は考えていると言うこと。

ランドセルの中はもちろん、
家の中、思い当たるところは全部探したけど、
こくごの教科書は見当たらない。

これだけ探しても、おうちにはないんだから、
きっと、学校の机の中にあるよ。
と言っても、なかったらどうしよう。と、
娘は半泣き

今朝も、あるかなあ。あるかなあ。と、
気にすることしきり。

行ってみないことには、わからない。
とにかく学校に行きなさい。
そこで、なかったら先生に言いなさい。
と送り出した。

今日は、私は図書館に行く日で、
娘の様子をちらりと見ることができた。
普段通り、変わった様子はなかったので、
教科書はあったんだな。と思っていた。

予想通り、教科書は見つかっていた。
娘が、持って帰り忘れたのではなく、
お隣の席の子が、
間違えて持って帰っていたらしい。

そりゃあ、探しても見つからないはず
何はともあれ、
無事に見つかって、よかった。



にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村




【23:03】 | | TB (0) | CM (0) | Top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。